HC85について ABOUT HC85について ABOUT

イブリッド方式の鉄道車両 として、国内最高速度へ挑戦。

特急「ひだ」「南紀」として30年以上にわたって多くのお客様にご利用頂いた「85系気動車」から、新しいハイブリッド方式である「HC85系」へと置き換えていきます。
HC85系の駆動システムには新型ハイブリッドシステムを採用することで、安全性・快適性の向上や環境負荷の 低減等を図りつつ、ハイブリッド方式の鉄道車両として国内初の最高速度120km/hでの営業運転をします。 

HC85系 HC85系

HC85系の特徴

高い走行性能、小型化、高効率化を追求した新型ハイブリッドシステムを搭載しています。
このほかにも、一体成型による新型台車枠、振動検知装置、車両・地上間のデータ通信等を新たに導入し、更なる安全性の向上等を図っています。

「HC85系」の由来
「HC」は、“Hybrid Car(ハイブリッド方式の車両)”であることを表しています。
1989年の導入以降、30年以上に亘って多くのお客様にご利用頂いた従来方式の「85系気動車」から、技術革新したハイブリッド方式の85系を目指すという意味を込めて、「HC85系」と名付けました。

クステリア

  • 先頭車前面、上部、照明を滑らかな曲線形状にすることで「和」を表現しました。
  • 前面上部は、飛騨・南紀地区の「木」の色の赤みがかった茶色としました。
  • 車両前面から側面に繋がるJR東海のコーポレートカラーであるオレンジ色の帯を曲線にして「躍動感」を表現しました。
  • 水性塗料使用により環境へ配慮しました。

エクステリア エクステリア

ンボルマーク

ハイブリッド方式の鉄道車両として国内初の最高速度120km/hでの営業運転をするため、シンボルマークのデザインは、車両の特徴を色と形状で表現しました。

  • 特急「ひだ」「南紀」が走行する飛騨・南紀の沿線の紅葉や海を、赤と青の2色で表現しました。
  • 対比する2色のグラデーションで、ハイブリッド方式を表現しました。
  • 車両の外観の帯に合わせた3本の流線形状で、“スピード感”を表現しました。

シンボルマーク シンボルマーク