NEW HIDA ACTION supported by GIFU Prefecture NEW HIDA ACTION supported by GIFU Prefecture

飛騨古川の冬に縁結びはいかが?「飛騨古川三寺まいり」

飛騨古川に、200年以上も前から続く独特の伝統風習『三寺まいり』は、毎年1月15日の夜、親鸞聖人のご恩を偲び、町内にある円光寺・真宗寺・本光寺の3つのお寺を詣でるならわしです。

その昔、野麦峠を越えて信州へ糸引きの出稼ぎに行った年頃の娘たちが着飾って瀬戸川の川べりを歩いて巡拝し、男女の出逢いが生まれたことから「嫁を見立ての三寺まいり…」と飛騨古川の小唄にも唄われ、縁結びが叶うおまいりとして全国に知られるようになりました。

恋愛成就の願いを込めておまいりする時には白いろうそくを灯し、もしもその願いが叶ったら、次の年には赤いろうそくを灯すというならわしがあるのです。 赤いろうそくの数だけ幸せが生まれたと感じることができる、とても素敵な風習です。

町中には雪で作った「雪像ろうそく」が立ち並び、3つのお寺には地元の和ろうそく店の店主が心血を注いで作る大きな和ろうそくに灯が灯ります。町中全体に優しく揺れる無数の灯りに彩られ、幻想的な風景が広がる、冬の飛騨古川へぜひ訪れてみてください。

また、三寺まいりは地元の人々だけでなく観光客も気軽に参加することができます。着物を着てみたいという方は「着物レンタル」というサービスもあります!着物はもちろん肌襦袢や足袋、羽織まで一式をレンタルし、着付けまでしてもらうことができます。1年に1日しかない伝統行事に着物姿で参加してみませんか?