#85

新たな気づきをもたらす、町内のウォーキング

角 正樹さん 東海旅客鉄道株式会社 名古屋運輸区長

角さんは、HC85系等に乗務する運転士と車掌を養成、訓練する職場の現場長。以前は列車運行の指令所で勤務していたほか、HC85系の試験車両作成の計画業務にも関わっていました。

  • Q.
    飛騨地方と、どのような関係をお持ちですか?
    A.
    私は、飛騨国府の出身です。山間地の農業地帯であることから、実家はおいしいお米と野菜をつくる農業を営んでいます。

  • Q.
    角さんのお気に入りはなんでしょうか?
    A.
    「ウォーキング」が好きですから、町内の神社仏閣を巡ってみたり、里山を散策したりしています。近所には、昔の街道を歩くコースや山中の滝をめぐる健脚コースもありますよ。

  • Q.
    いつ頃から、お気に入りに?
    A.
    当社の“さわやかウォーキング”が、町内で開催されたときです。車を走らせながら眺めていたいつもの景色の中を、実際に歩き、さまざまなモノ、コトを見聞きすることで故郷の良さに改めて気づきました。

  • Q.
    どのような点が気に入っているのでしょうか?
    A.
    自然豊かな、さわやかな空間を自分のペースで歩き、四季を感じ、そこから新たな気づきが生まれることです。

  • Q.
    HC85系の運行をきっかけに、 地元がどう変わればいいと思っていますか?
    A.
    古き伝統や文化を大事にしながら、世相の変異に適応し進化してゆかなければならないと思います。

  • Q.
    HC85系について、どう思われていますか?
    A.
    車内空間が、一段と快適になりました。丸みのあるインテリアを随所に使用しているほか、暖かみのある配色、明るさ、清潔感、居住性は移動の負担を軽減してくれるはずです。なによりも、旅のワクワク感を最高潮に高めてくれます。

  • Q.
    HC85系で行ってみたい、夢のサービスはありますか?
    A.
    車内で、コンシェルジェ業務を行いたいですね。観光で訪れるお客さまに高山本線の旬の情報や見どころを提供できるように、“HC85コンシェルジェ”がプランナーとして飛騨路の旅行をお手伝いできるサービスに取り組んでみたいと思っています。

    ※2023年3月時の情報です。

PICK UP

名古屋運輸区

JR東海の運転士・車掌が所属する乗務員区所のひとつ。乗務範囲は、東海道本線、関西本線、武豊線と多岐に渡ります。

※撮影時のみマスクを外しています