#83

ひとりの時間が満喫できる、ホテルの空間

堀野 智浩さん WAT GROUP 洞口不動産 事業統括責任者兼総務部長、ワットホーム(洞口不動産子会社)取締役社長

建築やホテル、ゴルフ練習場などを運営するワットグループ。堀野さんは、建築を専門とするワットホームの社長を務め、飛騨高山の気候に適した家をお客さまに提供しています。

  • Q.
    幼い頃から、地元で暮らしているのですか?
    A.
    長野県との県境にある、大野郡高根村(現高山市高根町)の生まれです。学校を卒業してからは、会社の転勤に伴い名古屋市や茨城県などいろいろな地域で働いておりましたが、26歳の時にこちらへ戻って来ました。実は10年ほど前までは、JR東海のグループ会社が運営するスキー場に勤務していたんですよ。

  • Q.
    地元の印象を教えてください。
    A.
    少し前までは、仕事中心で特に気にかけることもありませんでしたが、子どもたちが独り立ちしてからは、少し余裕が出てきたのか、休日に近所をゆったり散歩したり、飛騨に生まれながらなかなか足を運べなかったところにドライブがてら出かけたり、四季の移ろいを感じながら、何も考えず、ただただゆったりと時間を過ごすのも良いなと思うようになってきました。雄大な自然に囲まれていて、木々の新緑の美しさや、清流のせせらぎの音、天候が変わると匂いも変わってきたりと、五感に刺激を受けながら生活できるのは誰もが味わえないことなんだろうと感じております。

  • Q.
    堀野さんのお気に入りはなんでしょうか?
    A.
    私が所属するグループ会社では宿泊事業も行っており、その中にある“ワットホテル&スパ飛騨高山”の「7階」がお気に入りの場所です。仕事終わりに、温泉にゆっくりと浸かり、そのあとラウンジスペースに行って音楽を聴いたり、本を読んだりと時間を忘れていろいろなことに考えをめぐらせながら、一人で過ごすのが僕のくつろぎの時間です。今年3月に温泉施設にサウナを増設しましたが、まだ体験できていないので早く利用したいと思っています。

  • Q.
    いつ頃から、お気に入りに?
    A.
    ホテルが開業して、すぐです。今年で、4年目を迎えました。

  • Q.
    どのような点が気に入っているのでしょうか?
    A.
    お風呂に入ったあと、落ち着いた空間で自分の世界に入ることができるところがいいですね。頭を真っ新にして、この空間にどっぷりと浸かっています。気がつけば2時間以上過ぎていることもよくありますよ。また、それとは対照的に気の置けない仲間と一緒に知り合いのお店で、ワイワイガヤガヤお酒を飲むのも好きなんですけどね。

  • Q.
    よく利用されるのですか?
    A.
    週に一度は利用するために、時間をつくるようにしています。

  • Q.
    HC85系のデビューをきっかけに、 地元がどう変わればいいと思っていますか?
    A.
    コロナも終息に向かい、徐々に観光客も戻りつつあります。人流が増えることによって、観光業はもとよりさまざまな業種の方々が元気になるのではないでしょうか。それを期に、飛騨地区への移住や地元に戻ってくる人たちが増えることを願っています。そんな人流増加の大きな一役を、HC85系が担っていただけたらうれしいですね。

    ※2023年3月時の情報です。

PICK UP

ワットホーム

創業時より、"飛騨で快適に暮らす家"をコンセプトに、高気密・高断熱住宅の設計・建築に取り組んでいる会社。その姿勢は今も変わらず、より飛騨高山の気候に適した住宅を創り上げるため、日々研究を重ねています。

※撮影時のみマスクを外しています