#21

地元の祭に酔いしれる、飛騨古川まつり会館

三好 こころさん 渡辺酒造店 営業部・営業企画課

飛騨山脈の伏流水と酒造米「ひだほまれ」、そしてこだわりの醸造技術が三位一体となって生まれる渡辺酒造店の日本酒。三好さんは、その味わいのすばらしさを国内外に発信し続けています。

  • Q.
    地元の雰囲気はいかがですか?
    A.
    美しい山々をはじめ、手つかずの豊かな自然に囲まれています。
    また地元は古い城下町で、街中に流れる川には錦鯉が泳ぎ、白壁土蔵を目にすることも。風情ある静かな景色とゆったりと流れる時間は、まるで映画のセットのように綺麗でタイムスリップしたかのようです。

  • Q.
    三好さんのお気に入りはなんでしょうか?
    A.
    “古川祭り”にまつわる屋台や道具などが展示されている「飛騨古川まつり会館」です!
    ちなみに、古川祭りは“ユネスコ無形文化遺産“にも登録されているんですよ。

  • Q.
    「飛騨古川まつり会館」 を知ったきっかけは?
    A.
    初めて訪れたのは、約1年前。入社後すぐにお取引先のお客さまをお連れしたのがきっかけでした。
    それまで入ったことはなかったのですが、正直、想像していた以上に楽しかったです!

  • Q.
    どこに惹かれますか?
    A.
    実際に使用されている豪華絢爛な屋台の展示はもちろん、特に古川祭りの紹介映像を流しているミニシアターがとにかく大迫力で、お時間のないお客さまには
    あの映像を観に行くだけでもおすすめしているほどです。
    ほかにも、日本酒のオリジナル手描きラベルがつくれる体験も、世界に1つしかない素敵なお土産になるので楽しいですよ!

  • Q.
    「飛騨古川まつり会館」 には、よく行かれるのですか?
    A.
    仕事で来客があった際にご案内する以外にも、たまに地元や違う地域から友人が遊びに来たときなどは、よく一緒に行っています。

  • Q.
    おすすめのスポットはありますか?
    A.
    実物のからくりに触れたりと、見るだけでなく体験できるスポットがあります。
    特に、お子さま連れの方にはおすすめですね。
    あと、ミニシアターも見逃せません。映像が、とてもよくできています。
    迫力と観応えのある映像は、まるで実際の祭りの場にいるかのように熱気が伝わり、あっという間に惹き込まれるんです。
    飛騨古川に馴染みのない方でも、ぜひ一度観てほしいと思います。

  • Q.
    HC85系のデビューを、個人的にどう思われますか?
    A.
    とても楽しみにしていました!
    私自身は主に移動手段で利用しますが、乗り心地もよく綺麗なので本当に快適です。

    ※2022年11月時の情報です。

PICK UP

渡辺酒造店

人の手に多くをたより、古い木の道具を使い、じかに感じる香りや手触りを大切にした酒造りをしている渡辺酒造店。
一滴一滴に心をこめた手作りの日本酒をつくり続け、数々の輝かしい賞を受賞されています。

※撮影時のみマスクを外しています