#13

山、森、湖と遊ぶ、大白川の大自然

黒坂 真さん トヨタ白川郷自然學校 企画営業部マネージャー

山や森、川で遊びながら、自然本来の美しさや叡智に
ふれる。黒坂さんは、そんな体験のできる自然学校の
スタッフとして働き、四季を通じてたくさんの人々を
笑顔で迎え入れます。

  • Q.
    地元の雰囲気はいかがですか?
    A.
    白川村に移り住んでから、今年で18年目となります。移住後、白川村の豊かな自然や魅力あふれる人々に惹かれていくなか、子どもを授かったことをきっかけに、村内にある築60年の古民家を購入しました。今は森で山菜やキノコを獲ったり、庭で畑を耕したりと、わが子とともに自然に寄りそう暮らしを楽しんでいます。
    また、ご近所の方々にも良くしていただいていますよ。たとえば、毎朝ご近所のおばあちゃんが小学生の娘のお見送りに顔を出してくれたり、畑で採れた野菜をお裾分けしてくれたりして、本当にありがたいですね。いつも感謝しております。

  • Q.
    黒坂さんのお気に入りはなんでしょうか?
    A.
    ありのままの大自然が残されている「大白川」という、白川村の秘境です。ここは白山国立公園のエリア内にあり、樹齢数百年というブナやミズナラなどの原生林をはじめ、手つかずの大自然を見ることができます。

  • Q.
    「大白川」を知ったきっかけは?
    A.
    あまり覚えていないのですが、恐らく日本三大霊山の1つである白山(御前峰:標高2702m)に初めて登ったときだと思います。大白川エリアは白山登山道の1つである、平瀬道の入り口にあります。白山から下山し、大白川露天風呂に入って、疲れを癒し、ゆっくり休んだことが印象に残っております。

  • Q.
    どのような点が気に入っているのでしょうか?
    A.
    ここを訪れると、いつも自然とパワーがでます。いわば、私のパワースポットです。大白川エリアには、落差72mの白水の滝があり、そのダイナミックな自然に圧倒されます。また、エメラルドグリーンに輝く白水湖や、その湖を眺めながら入ることができる大白川露天風呂には、本当に癒されます。秋になれば紅葉が見頃となり、真っ赤なカエデや黄色のブナやミズナラの葉っぱ、そして青空のコントラストがなんともいえない美しさを醸し出します。

  • Q.
    「大白川」には、どのくらいの頻度で?
    A.
    毎年、何度も訪れます。このエリアには「白山ブナの森キャンプ場」という場所があるのですが、仕事のときは全国各地から集まった子どもたちとともに利用します。また、エメラルドグリーンの美しい白水湖では、ラフトボートクルーズのアクティビティを実施してるんですよ。プライベートでも家族や友人たちと一緒にここでキャンプをしたり、ときにはわが子の感性を育むために美しい景色を見せようと訪れることもあります。

  • Q.
    そのときの様子を、もう少し教えてください。
    A.
    先日も、家族でトヨタ白川郷自然學校主催のアクティビティ「白水湖ラフトボートクルーズ」に参加しました。エメラルドグリーンの白水湖を貸し切っているようで、なんとも幸せな気持ちになるのです。子どもたちも、とても楽しんでいました。そうそう、白川郷アクティビティーセンターo8主催の「白川郷SUP」にも家族で参加しましたね。こちらも、わが子にとってはインパクトの強い体験となったでしょう。白水湖でのラフトボートやSUPを体験した後は、白水湖を眺めながら大白川露天風呂に入り、白山レイクサイドロッジでゆっくり寛ぎます。最“幸”の家族の休日です。

  • Q.
    HC85系のデビューをきっかけに、 地元がどう変わればいいと思っていますか?
    A.
    「大白川」にもっと多くの人が訪れ、その流れで関係人口なども増えて地域活性化につながればうれしいです。また「大白川」を観光される人は、ここの豊かな自然を味わっていただき、山や森、湖、川などからパワーをもらって活力を養っていただけたらと思います。

    ※2022年10月時の情報です。

PICK UP

トヨタ白川郷自然學校

自然環境に対する思いを深めるきっかけ作りの場として、2005年4月に開校。
「共生」という理念を胸に抱きながら、訪れた方々が自然を全身で満喫し、自然の営みや叡智に気づいていただくことに取り組んでいます。

※撮影時のみマスクを外しています