有法子 十河信二自伝

817円(税込)
商品コード
b9996
発売日
2010/02/20
在庫
カートに入れる

商品詳細

十河 信二
2010年2月20日
 
成せば成る、決してあきらめるな。有法子(ユーファーズ)=不屈の精神で激動の生涯を生き抜いた「新幹線の父」の自伝。

商品詳細

十河信二は、東京帝大在学中に時の鉄道院総裁・後藤新平に出会い、鉄道院に入る。帝都復興院で関東大震災の復興事業に関わり、満鉄理事として奉天へ赴く。戦後は、愛媛県西条市の市長や鉄道弘済会会長などをへて、71歳で国鉄総裁に就任した。

本書は、東海道新幹線の実現に尽力し、「新幹線の父」と呼ばれた十河信二が、国鉄総裁に就任するまでの歩みを綴った自伝で、肉声で語った昭和史の証言としても貴重である。


【著者プロフィール】
十河 信二(そごう しんじ)
1884年(明治17)愛媛県生まれ。1909年、東京帝国大学法科大学を卒業。1912年、鉄道院に入省。26年退職後、満州鉄道理事、興中公司社長を歴任。戦後、1945年(昭和20)に愛媛県西条市市長に就任、翌年、公職追放により辞任。鉄道弘済会会長をへて、1955年(昭和30)71歳で第4代日本国有鉄道(国鉄)総裁に就任。63年退任。東海道新幹線の実現に尽力し、「新幹線の父」と呼ばれる。1981年(昭和56)没。


【ご注意ください】
当店では紙版の書籍のみを販売しています。