電車でめぐる富士山の旅 御殿場、富士宮、富士吉田、清水へ

1,430円(税込)
商品コード
b9985
発売日
2014/11/20
在庫
カートに入れる

商品詳細

甲斐 みのり
発売日:2014年11月20日


避暑地別荘の面影が残る御殿場、浅間大へ社の門前町・富士宮、富士山信仰の拠点・富士吉田、富士山と駿河湾の景勝が望める清水……。4つの登山口と富士山を美しく望める町を起点にした、富士山を味わう旅。

商品詳細

富士山(山頂)には年間30万人、5合目までは400万人、山麓一帯には3,000万人以上もの人が訪れている一大観光スポットです。

富士山に登ることはもちろん楽しみではあるものの、登らなくても、富士山周辺には魅力ある場所が数多くあることは、それほど知られていません。

そこで、京都や大阪、東京など旅やお菓子をテーマにしたエッセイ・ガイドで人気の文筆家・甲斐みのりさんに、富士山周辺(御殿場、富士山、富士宮、清水~由比)を歩いてもらい、その土地の魅力──歴史、文化、食べものなど──を語っていただきました。

富士山に登る人はもちろん、登らない人にとっても、富士山周辺での楽しみ方・過ごし方が変わる1冊です。


【著者プロフィール】
甲斐 みのり(かい みのり)
文筆家。1976年静岡県生まれ。大阪芸術大学文芸学科卒業。 旅、お菓子、手みやげ、クラシックホテルや建築など、女性が好み憧れるモノやコトを主な題材に、書籍や雑誌に執筆。『衣・食・住 暮らしの雑貨帖』(マイナビ)、『静岡百景』(mile books)、『なごやのたからもの』『東京でお酒を飲むならば』(リベラル社)、『東海道新幹線 各駅停車の旅』(ウェッジ)等、著書多数。


【ご注意ください】
当店では紙版の書籍のみを販売しています。